よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 すっかり忘れてた
2013年05月15日(Wed) 
スマホを購入したときに、附属品としてついていた両耳用ヘッドホン。
そう言えばそんな物があったかも、と箱から出してみたら……黒のカナル式、しかも接続端子がI型でした。

……なんで最初にこれの存在を思い出さなかった、自分 _| ̄|○ < 両耳用 = 自分の役には立たない = しまい込んだきり意識の外になっていた模様

どうせ死蔵するものならば、失敗しても惜しくはない(ぐっ)
しかも今の私には、昨日百均のヘッドホンで培った経験値がある!

……そんなわけで。



こうなりました。
うむ、やはりこの方がずっと美しい(しみじみ)
ちゃんと昨日の失敗を糧にして、洗濯バサミは安全ピンを使わず、直接編み込んでみたりとか。



コード切断部分の保護は、木工用ボンドだといまいちだったので、透明マニキュアで固めた上から、油性マジックで黒く塗り塗り。ちょっとテカリが気になるけれど、まだこっちの方がマシなんじゃないかと。

でもって。
聞こえ具合は、さすがにスマホの純正附属品。
今までは鳴っていることにすら気付けなかった、背景の細かい音とかまでしっかり拾われているようだし、音量に至ってはさらにさらに大きく聞こえます。

よし、105円は練習代だったと思おう!

……百円を笑う者は、百円に泣くんだぜ?

そして昨日はイヤホン改造記事だけで、日記ソフトの容量が一杯になってしまっていたのですが。
恒例二週に一度の病院がよい。ついでに図書館へ寄って二冊ほど借り出して、コンビニで軽自動車税の払い込み。帰りにはスーパーのATMで通帳記帳したり百均を見てまわったり、米の値段をチェック(笑)したりとかしてました。
ふむ……三等コシヒカリの玄米、30Kgが持ち帰り特価8900円で、精米無料か……精米すると27Kgになるとして、10Kgあたりの値段は……(ぶつぶつ)

それにしてもここ数日、パソコンのファン音がうるさい、耳障りだとしきりにこぼしていました。その結果が、BGM音の準備とイヤホンの改造に繋がったわけなのですが。
良く考えてみたら、『うるさい』ってことは、ファンが常に回りっぱなし? と言うことに気がつきまして。ふと昨夏以来確認していなかった、CPU クロック・CPU の温度・HDD の温度を計ってみました。

……って、なんかCPUがほとんど全開( 1.73GHz )で動いていて、CPU温度が70度超えてるんですが(汗)
え、あれ? 去年いろいろ調整して、そのあたりは改善されたんじゃなかったっけ?? 時計とかカレンダーとかの常駐ソフト以外は Opera しか起動させていない状態で、なんでこんなに一杯一杯なのさ!?

慌ててパソコンを再起動してみたり、はたまた下部に空気を通す隙間を空けるため装備している、足台代わりの消しゴムを調整し直したりとかしてみるも、あんまり効果が出ず。

……もしかして去年から今年にかけて、インストールした何かのソフトが裏で余計なことをしているのかもしれないと、 msconfig を開いてみました。そしてスタートアップから見るからに怪しげなものや、明らかに不要っぽいものをはずしはずし。
改めて本体を再起動してみたら、なんとかCPUの稼働率が去年と同じ程度に戻ったっぽいです。
さらにUSBで動く卓上ミニ扇風機も引っぱりだしてきて、キーボードに風を当ててみました。
その結果、



よよよ、良かった。
これなら適正範囲内だ……(安堵)<CPUは 40 ℃〜 70 ℃、HDDは 30 ℃〜 50 ℃ぐらいが快適に動く温度らしい

あるいは必要なスタートアップまで外してしまったかもしれませんが、それはおいおい、時間をかけて様子を見てみるとします。

しかし夏はまだまだこれから。
今年の夏、このマシンでちゃんと乗り切れるかしら……(心配)


取り溜まっているドラマは、「空飛ぶ広報室」の五話目を視聴。
いやあ、おもしれえわ! 原作も好きだけど、そこまで過剰な思い入れは持っていないせいか、ドラマオリジナル要素(主に恋愛方面)も声出して笑えるほど楽しめています。
前回から今回にかけてご登場の、古賀さんも格好良かったvv<的場浩司けっこう好きなんです
1シーズンのドラマだと、だいたい全部で11〜2話ぐらいでしょうかね? 次回が片山さんと比嘉さんのお話だとして、あとはどんなエピソードがあったっけかな……?
No.4779 (電脳)

 
 この記事へのコメント
 
paoまま  2013/05/17/16:47:26 [HOME]
まこっちゃん、「空飛ぶ広報室」おもろいネー。
私の日曜日の楽しみデスぅ〜
本も面白かったケド、テレビの方が本よりちょびっと恋愛が“濃く”なってますにゃ。
最近は刑事もの、時代劇もの以外のドラマはあまり見てなかったので、楽しいでする。

空井さんを演じているのが爽やかな綾野 剛なのがまたイイね。
と言っても、わたし今年の大河ドラマで初めて彼をしりましたが。
これがホンマ泣くのが上手いんだわ。
(殿様役で泣きよっちゃった)

個人の好みを言えば、最後にもうちょっと二人がひっついて欲しいでする。

しっかしエエね、制服は。
あの三角っぽい帽子かぶりたいデス。
 
No.4781
 
paoまま  2013/05/17/16:56:40 [HOME]
あ、まこっちゃん綾野 剛を爽やかと書いたが、検索したら役どころで随分違うみたい。

ま、役者さんだからソレでええんでしょうが。
空井君と会津の殿さまのイメージが強すぎたワ。
(てか、それしか知らん)
 
No.4782
 
神崎真  2013/05/17/21:54:14
空飛ぶ〜のドラマ、面白いですよね!
確かにいっぷう変わったジャンルで、これは本物の自衛隊広報室も、良い宣伝だとウハウハなんじゃないでしょうかvv

> 綾野 剛
そっかー、ままさんはあれ、ありなんですね。
うちでは「空井さんのキャスティングだけが、ちょっと……」という評価です。特に母が。
なんというか、いつも途方に暮れた泣きそうな顔をしていて、今が悲しい場面なのか通常運転なのかが、よく判らないんですよね……
ちなみに母も彼を「容保さん」と呼んでます(笑)
そちらのイメージはぴったりなんだそうですけど……

今シーズンは個人的に好みなドラマが一杯で、週に六個ぐらい録画しています。見るのがなかなか追いつかないという、贅沢な悲鳴をあげていたりして。
 
No.4784
 
iwamoto  2013/05/18/09:38:42
絶縁性から考えるとエポキシが良いと思います。
木工ボンドは水分を吸うようだし。
マニキュアというのは融けませんか。
わたしどもは、仕事では、熱収縮チューブを使うことが多いです。

昔、物干竿を通してお湯を掛けて縮める樹脂のチューブがありましたが、
あれの小型のものです。 そんな昔のことはご存知ない?
それは失礼しました。
 
No.4785
 
神崎真  2013/05/18/11:58:09
エポキシ、ですか……<よく知らない
一応ネットで調べてみた感じ、イヤホンコードは通る電気が少ないから、切りっぱなしでも問題ない。どうしても気になるなら木工用ボンドかマニキュアか油性マジックという記述を見つけたので、こうしてみたのですが。
そういえばグルーガンという手もあったかも。

> 物干竿を通してお湯を掛けて縮める樹脂のチューブ
あ、なんか聞いたことがあるような……ドライヤーの温風で縮めるタイプとか。
いやはや、世の中にはいろいろな素材があるものですねえ。
 
No.4786

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201305154779


No. PASS

<< 2013年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 すっかり忘れてた

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41