よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2012年05月28日の読書
2012年05月28日(Mon) 
本日の初読図書:
「コウの子育て奮闘記(Arcadia)」
 http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=original&all=30300&n=0&count=1

その日、サンタレン王国王都のハンターギルドは驚愕に包まれた。
気性が荒く手懐けることさえ難しく、まして複数を同時に飼うことなど不可能と言われた魔物ドラゴンホースを二頭立てにした巨大な馬車に、稀少な魔物の部位を満載にした男が現れたのだ。
すべてを売り払ったその金額は、白金貨で約500枚(およそ 1000 億円)に及んだ。
男の名は、コウ・シバザキ。精霊に異常なほど愛される、異世界からやってきた存在である。
彼の目的は、王都に屋敷を買い、綺麗どころを侍らせて悦に入るというもの。その第一歩として大金を入手……いささかしすぎた感は否めないが、それはさておき。
ハンターギルドで使い走りにした浮浪児に、妙に懐かれた挙げ句、仲間26人を引き連れて押しかけられたのもまあ、しかたがないだろう。報酬が貴族の下屋敷となっていた討伐依頼を受けたら、ちょっと当初の予定より魔物が多すぎて、殲滅戦になっちゃったりいろいろあったけど、念願のお屋敷も手に入った。
最高ランクの女奴隷も五人ばかり購入して……でも子供達と同じ屋根の下で、不道徳なことをすると教育に悪いなあ。とりあえず大人数の子供達の面倒を見させないと、屋敷内がカオスと化すし。
って、あれ? なんか当初と目的ずれてきてない??
気がつけば、31歳にして26人の子供と5人の奴隷、さらに使用人達の面倒まで見る羽目になったコウの奮闘記が始まっていた。

異世界召喚チートFT。
完結済と書いてあったので安心して読み始めたら、続き物の第一部でした_| ̄|○
めっさ中途半端なところで終わってる……しかもコウが召喚された事情とか前後の状況とかが、まだ全然明らかにされてません。
話自体はのんびりほのぼの、まったりという感じ。
チートな能力を持ちつつお人好しで押しに弱い主人公が、何かと周囲に振りまわされつつ、無自覚な好意と尊敬を向けられる、大好物な展開です。
ただ↑の通り、細かいところはまだほとんど描写されておらず、文章もかなりライトなノリ。なので読了後の気分は、ちょっと肩すかしを食った感じかな。
続きが早く出てくれると良いんですけど……もう完結してから半年経ってるのに、動きがないみたいだからなあ……
No.3790 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201205283790


No. PASS

<< 2012年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2012年05月28日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41