よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 ブックマーク その後
2012年05月22日(Tue) 
昨日の記事で気になると紹介していた、スワンタッチの自動しおり
よくよく考えているうちに、自作できる目途が立ちました。
そう、なにもあんなふうにスタイリッシュかつ複雑な形にする必要はないんですよ。プラ板を綺麗なカーブに切る自信がないのなら、直線にすればいいのです。
そんなわけで作ってみました。



材料は以前、保険屋さんからもらったA4のクリアホルダー。表には保険屋さんの広告がプリントされていますが、裏は半透明の無地です。色といい厚さといい弾力といい、ちょうど良さそうだと選択しました。
大体のデザインはエクセルのクリップアートで試行錯誤しつつ作成し、フォトショップで細部を整え。できるだけシンプルをモットーに、必要最低限の部分(くちばし、首、胴体)を本のサイズと首っ引きで設定しました。
で、完成品はこんな感じ。



……スワンというより、むしろ馬? 恐竜??
いちおう引っかからないように角は丸くして、特にしおり(くちばし)部分の内側は、めくったページがすべりやすいよう斜めにカーブさせてみました。それ以外は加工しやすいように、ひたすらまっすぐです。
輪郭をプリントアウトした紙に、外寸ほど合わせて切り出したホルダーシートを重ねて、セロテープで貼り付け。内部部分をカッターで切り抜きました。カーブ箇所のみハサミを使用。思ったより簡単に、ずれることもなく作業終了vv

でもって、ネックのひとつだった本に直接貼り付ける使用法については、本と同じサイズに切った紙にテープで貼って、その紙を本の最終ページに挟むという運用で解決されました。



紙のサイズを本に近づけることで、しおりを挟むときにいちいち位置調整を考えずにすみます。また異物を挟んでいるという違和感も減ります。特にしおり本体は左右の真ん中あたりに貼ると、ちょうど良いと思います。

使ってみたところは、こんな感じ。



ハヤカワ文庫600ページ超でも、ギリギリなんとか。
そして商品版には色がついてましたけど、これなら半透明なので、文字に重なっても読む邪魔になりません。
読書中、急の用事ができたり眠くなったときなど、そのままパタンと閉じるだけで自動的にしおりが挟まってくれます。病院や銀行の待ち時間に呼ばれたときとか、便利なんじゃないでしょうか。
うむ、なかなか良い物が作成できたvv
うっかり三つも作ってしまったので、それぞれ文庫用、新書用、四六判用にセット。
ブックカバーと合わせて、また快適な読書が楽しめそうです♪
No.3777 (創作)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201205223777


No. PASS

<< 2012年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 ブックマーク その後

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41