よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 また読み返したくなった
2012年05月09日(Wed) 
「ザ・今夜はヒストリー」で前田慶次を取り上げると知って、思わず見てしまいました。この番組見るの初めてだよ(苦笑)
そして肖像画がないからと、原哲夫のイラストを思い切り使われていて、さらに苦笑い。良いのか、史実では五十超えてるのに。
取り上げられていた内容も、ほぼ「花の慶次」で使われていたネタばかり。っていうかゲストの方々、みなさま「ほー」とか「へー」とか感心してはりましたが、世代的に言って絶対ジャンプで一度は読んでるやろ! 鬼奴さんはやたらパチンコネタでトークしてましたが(笑)
ともあれ、またも原作が読み返したくなってしまいました。ああ、おもしろいよな、一夢庵風流記。ほんと大河ドラマとかにしてほしいものです。直江さんとかも出てくるしさぁぁぁああ。

以下はヒトコトお返事です。
U様>
> 幼くして夭折した子
おお、その発想はありませんでした(ぽん)
なるほどー、そういう考え方もあるんですねえ。目から鱗がボロボロと落ちました。これだから一人で書いていると、視界が狭くなると言うのです。
ただでさえ、ひとつ前の世代はみんな早死にしてますからね……っていうか、王家自体がそもそも平均寿命の短い家系ですし。まあそれも、エドウィネルの代から改善されるわけですが!
もうね、御都合主義でもなんでも、本編終了後の彼らは愉快に楽しくめでたしめでたしであるはずだと思っています。いわゆる「そうして皆は幸せに暮らしました」的な感じ。苦労はあっても悲劇はありません。多分、きっと。

> エドウィネルが必死に告白→レジィに理解してもらえず
ああ、それはむしろ私が読みたい……いっそ誰か書いてくれませんかねえ(笑)
いや個人的に、恋愛ネタってどうも苦手なんです。……レジィはきっと「自分のような淑女らしくもない傷者が」とか卑屈なことを言い出すと思うんですけど、そこはエドウィネルの熱意と天然(?)で!
ほだされて場の雰囲気に流されたあげく、出来ちゃった婚なんて楽しいなあとか思いつつvv
No.3752 (日常)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201205093752


No. PASS

<< 2012年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 また読み返したくなった

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41