よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2012年05月03日の読書
2012年05月03日(Thr) 
本日の初読図書:
484331112X昭和初期世界名作翻訳全集 (42)
デューマ 三上 於菟吉
ゆまに書房 2004-07

by G-Tools
342 頁を五日ほど掛かって読了。
ずっと話題にしていた、「厳窟王/モンテ・クリスト伯」を、「雪之丞変化」の三上於菟吉が大正8年に翻訳したもののオンデマンド復刻版です。文面は当時の版面をそのまま取りこんで印刷してあります。活字が古く、印刷もかなりかすれていて読みにくいかもしれません。でもそこがまた味わい深いvv 紙や製本は新しいから、壊す心配なく安心して読めますし。
人名は原作準拠のカタカナ表記。地名は漢字だったりカタカナだったり混在してますが、基本的に改変はありません。ストーリーも涙香版より原作に近かったかと。これは翻案ではなく、はっきりと翻訳ですね。
この巻はフランツがモンテ・クリスト島で麻實精ハツシンを飲んで陶酔するところまで。
いやはや、やはりおもしろかったvv 涙香版ほどの迫力はさすがに感じませんでしたが、これはストーリーを読み慣れてしまったからなのか、それとも文章が現代文に近いからなのか。
もっとも見慣れない漢字や熟語はいっぱい出てきて、電子辞書が手放せませんでしたが。
読んでいて気になったのは、フアリア法師と脱獄計画を練る際の通路の掘り方とか、宝を探す際の巌山の仕掛けについての描写とかが、微妙に判りにくかったところでしょうか。涙香版や山内義雄版と読み比べて、ようやくどうなっているのか想像できたような。
……っていうか、いままでいろいろ勘違いしてました。そうか、洞窟の穴は崖じゃなくて地面に開いていたのか……

そしておもしろいなあと思ったのは、まだ海外作品がそんなに日本で普及していなかった頃のだからか、今だとお約束になっている言葉の翻訳が、独自のものになっているあたりですね。一番印象深かったのが、

アラビヤの樵夫の話を思ひ出して叫んだ。「さあ、セザムよ、ひらけ!」

というくだり。これってつまり、アラビアンナイトの「オープン・セサミ」すなわち「開けゴマ!」のことですよね? 注釈もないし、当時の人は読んでて意味が判ったのかなあ(ちなみに涙香版だと、この台詞はカットされてます)。

ああ、それにしても本当に、テキスト入力して公開したい〜〜《o(><)o》
著作権が切れるまであと九年……いまから入力始めたら、三冊分終わるのにちょうどそれぐらいかかるかなあ(笑)
No.3737 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201205033737


No. PASS

<< 2012年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2012年05月03日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41