よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 テキストビューワ考
2012年01月18日(Wed) 
わたしはテキストを読む際、もっぱら SigmarionIII のテキストビューワを使用しております。普段使っているのはシェアウェアの RubyReader 。
これはアンチエイリアス表示ができて検索もできて、背景色文字色の変更が可能かつ青空ルビに対応。それなりに表示は早いし、行間を狭く設定できるという点で良い感じです。
しかしこのソフト、ルビ以外の青空注記にはほとんど対応していないのですよね。たとえば、こういった文章を表示させてみます。

振|仮名《がな》と漢字の境目。文字数の多い振り仮名《かなかなかなかな》。
注記の表記[#「注記」はこんな感じ]はこう入る。

縦中横組みについて。
!!、!?、!!、!?、10、10、100、100。

漢文について。
自[#二]女王國[#一]東度[#レ]海千餘里。見[#二]大人所[#一レ]敬。而敬[#二]祭天神地祇[#一]。山城[#(ノ)]國久世[#(ノ)]郡水主[#(ニ)]坐[#(ス)]山背[#(ノ)]大國魂命[#(ノ)]神。

傍点について。
傍点[#「傍点」に傍点]、「●」の丸傍点 [#「丸傍点」に丸傍点]、「○」の白丸傍点 [#「白丸傍点」に白丸傍点]、傍線[#「傍線」に傍線]。

字下げと地上げ。
 数時間、めいめい遠慮なくしゃべった。それから、委員が起立して読みあげた。
[#ここから2字下げ]
一、集団農場と村ソヴェト衛生委員会との協力によって毎月二十ルーブリ支出し、ブローホフ村の医者を七日に一遍ずつまねくこと。
一、各集団農場員は、托児所へよこす子供持ちと否とにかかわらず、最小限枕一箇、敷布一枚を、托児所のために持ちよること。 一、托児所へ子供をあずける集団農場員は、出来るだけその子供がこれまで使用していたもの、例えば揺籠、箱、寝台などをつけてよこすこと。
[#ここで字下げ終わり]
[#地から4字上げ]以上
 パチ、パチ、パチ。
 拍手が続いた。


内容はあまり気にしないで下さい(苦笑)
青空文庫のマニュアルから適当に引っぱってきて編集しました。
でもって、 RubyReader で表示してみた結果がこちら。

クリックすると拡大します

……ぶっちゃけ、ほとんど生テキストのまま。振り仮名はすべて下揃えなので文字数によってはずれてしまうし、そもそも「|」は表示されないだけで無視されます。「!!」や半角二桁数字なども横倒し。
これでもまあ読めなくはないので、適当に脳内補完しながら使っていたのですが。
ふと思いついて同じテキストを、とあるフリーソフトで試してみたのです。
このソフト、基本は画像ビューワなんですが、細かいカスタマイズが(ちょっと煩雑なほど)できて、しかもテキストファイルも表示できるという優れもの。
少々表示設定に手間取りましたが、とりあえずこんな感じに落ち着きました。

クリックすると拡大します

どうですか。 RubyReader にはなかったフルスクリーン表示とスクロールバーを完備。もちろん行幅や背景文字色の変更もできます。
振り仮名はきちんと割り付けもしくは中央揃えされ、「!!」「!?」は半角全角を問わず半角で縦中横組。半角二桁の数字も以下同文。
傍点は●と○まで対応し、傍線もOK。字下げと地上げもばっちりです。っていうか漢文まで!?
マニュアルによれば、挿絵や改ページにも対応しているとか。
あと、↑をキャプチャしたあとで思い出して、もうひとつ試してみたのがこちら。



パソコン用を含めて多くのビューワでうまく表示されない、 ‘ ’ と “ ” 、ついでに「,」「/\」「/″\」の表示です。もちろん左が RubyReader 、右が某ソフト。
……完璧ですね(ため息) これでフリーのソフトなんですよ。
もはや難点は、文字の検索ができないことぐらいでしょうか。
このソフトはテキストを一度画像ファイルに変換してから読み込んでいるらしく、文字情報としては扱っていないのですよ。その変換にも時間がかかるので、前後数ページぐらいはバックで先読みしていてくれてスムーズに表示しますが、いきなり何ページもスクロールさせたり離れたページにジャンプすると、読み込みに少々待たせられます。
あとは何故か選択できないフォントがあるのが残念無念。
せっかく踊り字を綺麗に表示してくれるのに、古典明朝フォントが使えないだなんて(しくしく) 普通の TTF なのに、いったい何が問題なんだ……

そんな便利ソフト、残念なことに現在は公開停止中なんですが……愛用者は数多いようで、ちょっと大きな声では言えないゴニョゴニョで入手できたりします。
WM 用もあるので、設定の煩雑さが苦にならない方には良いかもしれません。ただしご使用はあくまでも自己責任で(PC版はライセンスの問題で公開停止になったので、特に要注意です)。
No.3575 (電脳)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201201183575


No. PASS

<< 2012年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 テキストビューワ考

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41