よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 またもバッテリー
2011年03月28日(Mon) 
今朝のこと。
母の用事で車を出そうとしたら、いきなりセルが回りませんでした。
またもバッテリーですか……(遠い目)
最後に動かしたのは、四日前に父に貸した時。とりあえず前照灯も室内灯も確認しましたが、スイッチは切れてました。おかしいなと思いつつ、ひとまず他の車とコード繋いでエンジンかけようとしたのですが、今度はボンネットが開かないし_| ̄|○
ええ、もともと開きにくくはなっていたのですよ。もう何年も、開けようとするたび手こずってはいたのですが、ついに開かなくなったようで。
いたしかたないので母の送り迎えは父に任せ、私はいつも車検をお願いしている古巣へと、出張していただけるようお電話したのですよ。
それにしてもおかしい……そりゃ最近あんまり乗ってはいないけれど、それにしたって四日でバッテリー上がるのはおかしいだろう。さりとてこれまで充電が足りなくなったとき、前兆のように聞こえていたファンベルトが擦れるような音も聞こえていなかったし、と悩んでいたのですが。
……帰宅した父と話していて、原因が判明しました。
四日前に私の車を使用した父が、昨日気が付いたのだそうです。半ドアになっていると。
で、昨日閉め直しておいたので、正味三日間半ドアだった、と。つまりは三日間、室内灯がつきっぱなしだった訳で。
そりゃあ、バッテリーも上がるわな……(乾笑)
バッテリ交換の必要がなくなったぶん、修理代も安くはついてくれるでしょうが、なんつうケアレスミス。そんなんで予定外の出費&いつもと違うこと……ああ凹む……
ま、まあ、明日病院に行く段になって発覚したりするよりは、よっぽどマシでしたけどね!

ちなみに夕方になって来て下さった、お久しぶりのI川工場長。ボンネットどうするのかと思っていたら、来訪の気配に車の所へ駆けつけた段階でもう「開いたで?」って……力任せですかい(苦笑)
なんでもボンネットの留め具と車内レバーを繋ぐワイヤーが、経年で固くなっていたのが原因だそうで。そことヒンジに油を差してもらったら、多少固いながらもどうにか開け閉めできるようになりました。
で、持参の携帯バッテリーと繋いでエンジン起動。しばらくかけっぱなしで充電させつつ、やはり経年で固くなり半ドアになりやすくなっていたドア部などにも油を差してもらい、あっさりと作業終了。
本当にお手数をおかけしました(深々)
……請求、いくら来るかなあ……

話は変わりまして。
ふと思い立って検索してみたら、フランス語の字幕がついたアニメ「ゴーストハント」の動画を見つけたので、ちょっと見てみたのですよ。
絵柄とストーリーは、いなだ詩穂さんのマンガ版準拠。かなりあちこちザクザク削られてましたが、それでもそれなりに忠実ではありました。
ありましたのです……が。
……最後のオチがねえ_| ̄|○
吉見家のおこぶさまエピソードが最終で、意識を取り戻したナルの病室でわいわい騒いでいるシーンで幕、なのですよ。
ナンデスカコレ。
張り巡らされた伏線の回収なし!? ナルの正体どころか、ユージンの存在すら放りっぱな!?

ドラマ「仁」以来の投げっぱなしぶりに、思わずしばし茫然……

廃校のエピソードとジーンの死体発見は削ったとしても、ぼーさんの謎解きは入ってると思ったのに〜〜。
つうか、オリジナルストーリー三話も入れてる余裕があったなら、謎解きに一話ぐらい割いてくれよ(号泣)
ただでさえアニメ版は、数あるメディアミックスの中でも一番怖さが薄れているし内容も少なくなっていると思うのに、最後がこれでちょっとがっくりです。
しゃべって動いてくれるぼーさんとリンさんは、素直に嬉しかったんですけどねえ……
No.3112 (映像)

 
 この記事へのコメント
 
たぶん  2011/03/29/12:29:01
 マンガが最後まで出てなかったからでしょうねぇ、ゴーストハント。あの時点では小説は入手困難である意味原作といえばコミカライズ版を指してましたから。
 あそこで終わるは、あのラストに未だいろいろ葛藤があるので、そこまでしか知らないのはそれはそれで平和でいいだろうなと思う(爆)。
 
No.3113
 
神崎真  2011/03/29/23:31:57
ああ、そうか!!
目から鱗が落ちました。そうですね、マンガが最終巻まで出たの、ほんの半年前ですものね。どちらも完結してから見たので、こいつは盲点でした。
……原作(&コミック)のラストは、いろんな意味で衝撃的ですよねえ。張り巡らされた伏線の数々とその回収ぶりには驚嘆させられましたが、明らかになった事実はあまりにも重く……そういう意味では、アニメの終わり方はほのぼのめでたしめでたしでありますか。
ううむ、難しいものです。
 
No.3114

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201103283112


No. PASS

<< 2011年03月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 またもバッテリー

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41