よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2011年02月25日の読書
2011年02月25日(Fri) 
本日の初読図書:
4864230838MOON・TRICK(1) (冬水社・いち*ラキコミックス)
森本 秀
冬水社 2011-02-20

by G-Tools
森の中にあるペンション&カフェ「月白」で働く斗哉(とーや)には、不思議な体質がある。
夜になり月が出ると、動物の姿に変身してしまうのだ。何の姿に変わるのかは、その日によって異なる。その体質を隠すため、斗哉は中学を卒業してすぐ叔父が経営する月白に就職し、できるだけ他人と接触しないようにつとめてきた。
体質のことを知っているのは叔父の蓮(れん)と、中学で後輩だった押しかけ従業員の大雅(たいが)のみ。父の真(しん)は、亡き妻(斗哉の母)から伝わったその体質のルーツを探るため、海外に出かけたきりである。
ある日のこと、山菜を探していて帰りが遅くなった斗哉は、森の中で気絶している青年を拾った。シロクマに変化しつつもどうにか彼を連れ帰り面倒を見たのだが、なぜかその青年 ―― 楪(ゆずりは)に対し、懐かしいものを感じる。相手もそれは同じようで、翌朝目を覚ました彼と人型に戻った斗哉は和やかに時を過ごす。
が、突如現れた黒服の男達が、楪を無理矢理連れ去ろうとし ――

森本さんの新シリーズ。今回は友情ファンタジーだそうです。
買おうかどうか、最初はちょっと迷ったんですが、冬水社のHPで冒頭の試し読みが出来たので読んでみたら、ほのぼの可愛くて即決。
森本さんの描かれる動物は、リアルというわけではないんですが、緑といいダグといいほんとに可愛いと思うのです。
今回は書き下ろしマンガで平身低頭しているペンギン@斗哉が激ラブリーでしたvv
あと主役の斗哉くんは可愛い顔して、すさまじい身体能力持ってるところも素敵なんですよね。……でも、幼い頃からなにかあった時のためにと特訓受けてた斗哉くんよりも、実はそれについていけている大雅くんの方がすごいのかも……
No.3074 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201102253074


No. PASS

<< 2011年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年02月25日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41