よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 溶けるかと
2011年02月12日(Sat) 
先月も似たようなこと書いた気がしますが。
母が「朝シャンするから風呂沸かす」とか言い出したので「私も入る!」と挙手しまして。朝っぱらからひとっ風呂浴びておりました。
いやもうね……なんでこう、昼間から入る風呂ってーのはあんなに気持ち良いんでしょうか(うっとり)
夜に入る時は面倒臭くてほぼ烏の行水なんですが、ちょいと熱めのお湯に昼間っから浸かって、しっかりたっぷり温まる。おお至福の時よ……
そんでまた風呂から上がってほどよく身体が冷める頃には、たまらん眠たくなるんですが(苦笑)
ああ、本当に気持ちよかったッス。

昼からBSフジで豊川悦司の「八つ墓村」をやっていたので、久しぶりに視聴しました。
公開されたの十年ぐらい前だったでしょうか? この出不精の私が映画館まで見に行った作品ですよ、懐かしい。
わー、岸部一徳が要蔵・久弥・庄左衛門の三役やってるー<相棒で顔を覚えたらしい

内容は……改めて見た感じ、市川崑監督にしては正直う〜ん、という所でしたかね。道理で映画見たあと、もう一度見返したいと思わなかったはずだと納得してみたり(苦笑)
だってなあ……色々エピソードが削られるのはまあしょうがないにしても、殺される人間が変わってるっていうのは、犯人が変えられてるのに継ぐ改変だと思うんですよ……
八つ墓村のキモとも言える、暴動が起こって鍾乳洞逃げ回るシーンも、埋蔵金発見エピソードも全削除だし。
そのあたりはやっぱり、稲垣金田一のものでしたねえ。あの作品はラストの落ち武者幻視シーン以外は、おおむね満足な脚本でした。
フジテレビ、なんで再放送とかDVD化してくれないかなあ。
No.3061 (映像)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201102123061


No. PASS

<< 2011年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 溶けるかと

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41