よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2011年02月02日の読書
2011年02月02日(Wed) 
本日の初読図書:
4062694395ファンム・アレース(4) 魔宮の戦い (YA!ENTERTAINMENT)
香月 日輪 K2商会
講談社 2010-10-21

by G-Tools
ようやく図書館に入ってくれました。シリーズ四冊目。この調子だと、もう一〜二冊ぐらいで終わってくれますかね?
……そろそろ今までの話を忘れつつあったりします(苦笑)
冒頭にかなり詳しい「これまでのあらすじ」がついているので、ずいぶん助かりました。が、それでもやっぱり細かいところがね……
しかも今回は、一巻目で撃退された殺し屋二人、まさかの再登場。しかもすさまじい過去をひっさげての重要キャラとなって返り咲きました。これ、最初から予定されてたんでしょうか?
個人的に、サーブルのほんのり日本人風味な設定が好みです。東洋の島国出身で、神仙術使いだとか背中の彫り物だとか居合い術だとかvv
怖ろしいほどの純粋さでサーブルに懐いている、謎の青年グールの存在も腐女子的においしいです(笑)
あとバビロン、「俺に幼女趣味はない〜〜!」って、全然説得力ありませんことよ?

「ホシナ大探偵(近代デジタルライブラリー)」押川春浪
 http://kindai.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/912467/1

大正時代に書かれた、シャーロック・ホームズの翻案もの。
ホームズさんが保科鯱男(ほしなしゃちお)、ワトソンさんが渡邊(わたなべ)君と日本名になっています。なんか翻案ものが読んでみたくなったので、「ホームズ 翻案」で検索をかけて発見しました。さっそく収録作のうちホームズさんの部分、六十ページほどをPDFでDLして読了。
原作は「フランシス・カーファクス姫の失踪」ですが、舞台が東京とか京都とか名古屋とかになってます。原作でのトルコ風呂が「上方浴場」になっています(笑)
他にも、原作では別口の事件で忙しく現場に行けなかったホームズさんが、こちらでは父が危篤という理由に。つまりそれまでお父さん健在ですか。ファンには笑えますね。
しかし話運びはほぼ原作に忠実です。古い文章だいぶ読み慣れたおかげもあって、違和感はほとんどありませんでした。無さすぎてちょっと拍子抜けしたぐらい(苦笑)
……この人のホームズ翻案、もっとどこかにないかなあ?

2013/09/20 追記:
著作権切れに付き、テキストファイルで公開することにしました。
閲覧室の「その他書架」で随時UPしてゆきます。
No.3042 (読書)

 
 この記事へのコメント
 
雪華  2011/02/03/00:10:13 [HOME]
こんばんわ、雪華です。
おおっ! 色気垂れ流しな兄さん登場巻を読まれたのですね。
なにかこう、「18歳未満立入禁止」札をペタリと部屋の扉に貼りたくなる二人連れです(笑)。
魔人と並ぶ香月キャラ随一の色男だと思うのですが、如何でしょうか?

P.S.
個人的にペルソナ僧が大好きです。
シリアスなはずの大僧正との遣り取りが、ほのぼのぼけぼけにしか聞こえませんっ(爆)!!
 
No.3043
 
神崎真  2011/02/03/12:00:09
発行から三カ月、ようやく図書館に入ってくれましたよ〜〜。タイミングが良かったらしく、入荷すぐで借りられたのが助かりました。
新キャラの二人は……なんというか、読者のニーズを判ってらっしゃるというか(苦笑)
あそこまで行くと、深読みして「腐腐腐」というレベルではなく、もろにそっち方向にいっちゃってて、なんだか気恥ずかしくもあったり(笑)
サブールのキャラって、なんか香月作品の中では今までにないタイプだと思います。妙に退廃的?厭世的?というか。着流しを大きく着崩して、煙管を持って乱れ髪をかき上げているのが似合いそうな、そんなイメージが。それはそれでたいそう格好良いのですけれど。

ペルソナ僧達はおもしろい人達でしたね。関西弁なのがまた、興味深い表現のされ方です。
実は私、炎の奔流が蟲を焼き尽くしたとき、ペルソナ僧の片割れの炎使いさんが助けに来てくれたのかと、しばらく勘違いしてました。まさかサブールだったとは……
 
No.3044

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201102023042


No. PASS

<< 2011年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年02月02日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41