よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 今度は風呂
2011年01月08日(Sat) 
このところいろんな物が不調ですが、今度は湯沸かし器がおかしくなったそうで。
夕べ風呂をわかそうとしたら、まだ少ししか湯が溜まっていないのに「お風呂がわきました」コールと共に湯の出が止まってしまったのだとか。
さっそく朝からメーカーの方に来ていただきました。
結果は……特に異常なし。おやあ?
いやまあ、異常があって高い修理代取られるよりはずっと良いんですけれど。
でもって、様子見のため試しに風呂がわかされてしまったので、折角だからと朝から入浴してみたり。
き、気持ち良い……(うっとり)
ちょいと熱めでたっぷり湯の一番風呂は、溶けるかと思うほど気持ちよかったです。図書館帰りで身体が冷えていたこともあるのでしょう。思わず母が「生きてる?」と様子を見に来るほど、心ゆくまで温まってみたり。くはー、極楽極楽。
あがった後も、そのまま眠ってしまいそうなほどの心地よさでございました。次に入った母と二人して、居間で「ふひー」と溶けておりましたとさ。

話は変わりまして、昨日のことですが。
最近はまっている時代劇チャンネルで、今度はなんとあの「王都妖奇譚」のドラマ(全五話)放送が始まりました!
つうか実写化されてたのかとびっくり仰天。
知る人ぞ知る安倍晴明もののはしり。時代考証どこ吹く風で、美形てんこ盛りの御都合主義マンガでしたが、これが腐女子的には大層おいしくて、連載リアルタイムで大喜びして読んでいたものでしたが……アレを、ドラマ化? とちょっと冷や汗が。夢枕陰陽師より無理がないだろうか……
でもって、ドキドキしながら見てみた一話目。
……う、うーん、まあ、ワタシ的にはアリ、かな?
一番はまっていたのが、橘影連@陣内孝則ってあたりが、キャスティングのアレさを物語っている気もしますが……でもまあ、原作は原作、これはこれと思えばそれなりに面白かったかと。ちなみに晴明さんは三上博史。この手の役は孔雀王以来でしょうか。
そこここに原作のテイストは散りばめられていましたが、ストーリーはほぼオリジナル。将之との友情構築がちょっと物足りないのは、まだ一話目だからか。……でも全部で五話しかないんだよなあ。
とりあえず続きは見てみる方向で。
原作も読み返してみたくなってきたかも……

以下はヒトコトお返事です。
匿名希望様>
読んで下さいましたか。ありがとうございます!
ときどき、こういった第三者視点でのお話が書きたくなります(笑)
楽しんでいただけたのなら本望です。

Oかぴー様>
がっつり感想、いつもながらありがとうございました!
和馬さん→シャーマンのイメージは、なんとなくネイティブアメリカン的な感じで出てきました。似合いそうだと思いませんか? 和馬さん@インディアン。
ちなみにパワーアニマルは大鷲あたりかと。……そして晴明くんのパワーアニマルは、何だか訳の判らないモノになっていそうだ……(汗)
> 「世界の神秘!」と喜んでいそう
行く先々で妙な体験をしては、カメラに写っておらず「せっかくのファンタスティックな絵が〜〜」と嘆いている姿が目に浮かびました(笑) まったく懲りてなさそうです。
No.3014 (映像)

 
 この記事へのコメント
 
おかぴー  2011/01/08/23:30:43
和馬さん→ネイティブアメリカン>はまりすぎですとも! 
実は昔、とあるRPGで遊んでいたら、出てきた魔法使いが魔女っ子ではなく筋骨たくましい体育会系男子で、そのイメージがまさにネイティブアメリカンだったのです。和馬さんはこのタイプだなぁと内心で非常にウケておりました。また、その魔法使いには弟がいまして、ちょうど晴明くんのようなイメージだったわけです。
しかし、晴明君のパワーアニマルは、もうすでにいるといいますか(もごもご…)彼は色んな意味で規格外ですものね。ライトノベル等を読んでいても彼のようなキャラにはお目にかかったことがないです。その特殊性がまた魅力なのですが。日月堂のシリーズは本当に好きです。
 
No.3016
 
神崎真  2011/01/10/23:35:33
はまりすぎとまでおっしゃられると、思わず羽根飾りとかつけた和馬さんを想像してしまい、その似合いっぷりにまた一人でウケてしまいました(笑)
違和感なさすぎるよ和馬さん……
晴明くんも晴明くんで、ふつーに溶け込みそうだ……由良とかつれてても、向こうのシャーマンさんは動じないとなお楽しい。

晴明くんのキャラ>
まだあんまり安倍晴明とか有名じゃない頃に作成した彼ですが、似たタイプを見ないと言ってもらえるとモノカキ冥利に尽きますvv
……ただあんまり特殊にしすぎたせいか、彼を登場させると、途端に話が破綻してしまい、続きが思いつかなくなってしまうのが困ったところだったり(^ー^;;)
 
No.3018

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201101083014


No. PASS

<< 2011年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 今度は風呂

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41