よしなしことを、日々徒然に……



 2009年05月06日の読書
2009年05月06日(Wed) 
本日の初読図書:
4061826433完全版 地獄堂霊界通信〈2〉 (講談社ノベルス)
香月 日輪
講談社 2009-04

by G-Tools
ほんとにこれもと児童文学か!? なシリーズ焼き直し第二巻。
相変わらず、読んでいると今の己に引き比べてグサグサ突き刺さってくるものがあるのですが……まあ、なんだ。
一話目は例によって馬鹿怖かったです(汗)
二話目と三話目は心に染みいるお話でしたねえ。主役達、思い切り拾得物隠匿してますが。さすがは三人悪(笑)

ところで三話目で登場してくる「藤門蒼龍」って、妖怪アパートの「龍さん」だと私は信じて疑わないんですが、真相や如何に!? ああでも四十九って半端にリアルでアレかも……(苦笑)
No.2386 (読書)

 
 この記事へのコメント
 
雪華  2009/05/06/23:44:12 [HOME]
読まれましたかっ!!
本当に元児童文学なんて信じられません(笑)。

一話目は怖いと同時に哀しい話でした。今もそうですが、昔はもっと差別が酷かったのでしょうね。狐憑きとか、此方のサイトのお話を思い出して切なくなりました。

二話目は親子愛が中心で、哀しい結末を迎えた親子の心を知った少女が、自分を振り返り優しい未来を選び取る軌跡が心温まりました。
拾得物隠匿(笑)。突っ込まれたら説明できないから届けようが無かったんですよ、とか弁護しておきます(笑)。さすが三人悪(爆)。

三話目は泣きました。優しくて綺麗で、時に弱くて愚かで、でもそれが温かで優しくて。幸せだったと心から笑う少女の魂が、今度こそ温かな光に包まれた道を真っ直ぐ歩いて行けることを切に願います。

「蒼龍=龍さん疑惑」は作者のHPのQAコーナーではボカされていましたが、読者の中ではほぼ断定で扱われているようです。世に出た順番は地獄堂→妖アパですから、地獄堂を経た妖アパ読者に「あれ? もしかして」「懐かしいーー」と思わせるのが狙いだったのかも??

寧ろ私的に気になるのは時間軸で、三人悪は夕士と同世代なのか一回り違うのか??
私は同世代だと思っています。三人悪(特に椎名)に出会って、夕士に出会ったからこそ、あの年頃の不安定さや弱さ、脆さをより今時の感覚で理解できたのではないかと。
処刑絵の収得時期から考慮して不思議横丁の主人公が夕士と6歳前後の違いとすると、三人悪と比べると後者の方が多少時代が古い感じがしますしね。

地獄堂の二次作品も巡ってみるとなかなか面白いですよ。
三人悪(特に椎名)V.S.蒼龍のコメディSSなんて爆笑しました。

三巻以降でも大いに発揮されるらしい椎名のサドっぷりが今から楽しみですvv
 
No.2387
 
神崎真  2009/05/07/23:48:45
読みましたよーvv
ほんとに改訂前との間に、いったいどれぐらいの手が加えられているのか、そのあたりが気になるところです。
一話目は、ほんと自分でもよく使うタイプの設定だけに切ないのですが、それ以上に、母親が見た夢の、ふり返ったら目の前にあった女の顔が怖くて怖くて(以下エンドレス)
あんなの、子供の頃に読んだらトラウマですよ!<ちなみに小泉八雲の怪談がトラウマ化している

二話目はそれなり、三話目は切なくて切なくて……少女の選んだ道とそれを見届けた人たちの心情が心に染みました。

「蒼龍=龍さん疑惑」、やっぱりファンの間ではほぼ断定なんですね(笑)
私は蒼龍さん出てきた瞬間叫びましたが、母はつらっと読み流してしまったらしく、あらそうだった?とかゆってました。あれは絶対龍さんだと、私は信じます。

時間軸>
やー、そこまでは考えてませんでしたねえ。なるほど、三人悪と夕士が同世代かあ。ありそうです。不思議横町の処刑絵はどんな描写があったんだったっけ……?
 
No.2389
 
雪華  2009/05/08/00:33:44 [HOME]
>不思議横町の処刑絵
師匠と出会った時の客との会話の中に「凄いの手に入れたって?」「江戸時代の処刑絵やで」みたいな会話がありました。
で、夕士が蘇った生首と遭遇したのがプチを手に入れて直ぐの頃。
高塔の依頼で古本屋が手に入れて来たと考えれば、丁度時期が合いませんか?
 
No.2390
 
神崎真  2009/05/10/21:30:14
ああ、そういえばありましたね、そんな感じの会話!
こういう作品同志の密かなリンクというのは、気づけるととても楽しいです。新井素子作品とか、必死になって探したっけなあ。
 
No.2393

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/200905062386


No. PASS

<< 2009年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2009年05月06日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41