よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2008年07月29日の読書
2008年07月29日(Tue) 
本日の初読図書:
4592885449あかく咲く声 第2巻 (2) (白泉社文庫 み 4-2)
緑川 ゆき
白泉社 2008-05-15

by G-Tools
文庫版全2巻の2冊目。
相変わらず優しい雰囲気なのですが、ついに国府ちゃんがやってくれたので、優しいに格好良いが加わった気がします(笑)
坂本くんや、川口さん視点のお話があるのも嬉しいところ。
特に川口さん視点の最終話は、一瞬マジでフラグが立ったかとものすごい勢いで焦りました。
けっきょっく辛島君の父親は出てこないままでしたね。というか、当人の下の名前すら出てきてなかったことに、後書き読んではじめて気が付きました。びっくりー(苦笑)

強い女の子キャラは好きです。
それは物理的な意味ではけしてなくて。おそれを知りながら、それでも自分が願うことに向かってまっすぐに駆けてゆく国府ちゃんが、私には眩しくてなりません。
No.2018 (読書)

 
 この記事へのコメント
 
雪華  2008/07/30/23:46:04 [HOME]
芯の『強い』女の子は素敵です。自分のできることに全力疾走する姿は惚れ惚れします。頑張れ女の子、負けるな男の子!!

緑川女史の短編作もお勧めです。
何とも切なく愛おしい妖と人の交流譚「蛍火の杜へ」
八重山吹の慕わしくも切ないほろ苦さ「ひび、深く」
春まだ早き芽吹きの恋華「花唄流るる」
懐かしく愛しく慕わしい忘れえぬ日々のひとこまひとこま「アツイヒビ」「寒い日も」
優しく染み入る夕暮れの教室の切なさ「花の跡」
ぜひ読んでみてください。
懐かしくほろ苦く甘じょっぱいセピア色の日々を思い出せます(笑)。
 
No.2022
 
神崎真  2008/07/31/07:58:37
国府ちゃんは、ほんとうにまっすぐな意味で強いですよねえ。自分ができることを正面から見すえて全力疾走。
あの姿には、ほんと心の底から尊敬します。

ああしかし、そんなお勧めいただくと、食指がぴくぴくしちゃうじゃないですか。この積読だらけで未読本棚が一杯になっているときに〜〜(苦笑)
 
No.2023

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/200807292018


No. PASS

<< 2008年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2008年07月29日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41