よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 意外とないものだ
2006年11月11日(Sat) 
久しぶりに夜中の三時半までチャットにいそしんでいた昨夜でしたが、今朝は七時半にたたき起こされてしまいました。なんでも親戚の結婚式に出席するという母が、着物を着付けるのに帯締めを手伝ってくれとのことで。
もちろん私に気付けの心得などカケラもありませんが、母お手製の作り帯(結った状態にあらかじめ作ってある物)を後ろで支えるぐらいなら、まあ何とかなりますので。
……つーか、それぐらい手伝ってやれや>わざわざ人をたたき起こしに来た父

正直、ろくに目も開かないような状態でそれを手伝った後は、当然二度寝して、再び起きたのは十時近く。今度は次兄が仕事に出かけるというので、一人残る私に留守番頼むとのことで。
さすがにそろそろ寝足りていたので、きちんと起き出して、適当に食事した後は久々にパソコンいじりに耽溺いたしました。

いえね、天○さんからトラックバックいただいた記事があんまり興味深かったもので、ついつい「本をばらして画像取り込みしたとしたら、どうやったらそれを美しく機能的に表示できるだろう?」とか考え出してしまったりして。
特にPDFファイルを二枚見開き表示した場合、普通のビューアーだと左右逆に表示されてしまうものをなんとかできないかとか、そこらへんを重点的にですね……

しかしいろいろ試してみたものの、意外と良いものは見つからないもので。
PDFビューアー自体があんまり存在しないのが、予想外でした。むしろPDFにするよりも、JPG取り込みしてZIP圧縮しておいた方が、対応ビューアもあるし、今後の再利用なんかを考えると便利かなあとか思ってみたり。ああでもそうすると、OCRや検索ができないし(ぐるぐる) というか、一応良いソフトを見つけはしたんですが……ちょっと使用権がヤバイというか、なんというか。いえフリーソフトではあるんですけどね……むう(−_−;)

ヒトコトお返事
S華さま>
生殺し状態になってしまいましたか。すみません(笑)
私の方としては、いつもオリジナル更新は月半ばにしているので、今回は序章だけ一週早め更新の、おまけ的なつもりだったのですが。
今回ロッドの活躍は……あるような、ないような? 前半は王都サイドで話が進んでいく予定ですが、後半ではいろいろある……はずです。ええ。格好いいかどうかは謎ですけど(^ー^;;)
No.858 (日常)

 
 この記事へのコメント
 
天○  2006/11/12/00:19:25 [HOME]
>PDFにするよりも、JPG
OCRしたPDFからでもJPEGやPNG,TIFFに書き出せるので、問題ないですわよ。
 
No.859
 
神崎真  2006/11/12/00:40:34
PDFファイルは正規ビューワ(Adobe提供)の動作が重いのがネックなんですよねえ。あと見開き表示の方向とか。
ちなみに300dpiで300頁の文庫を取り込み→PDF化した場合、容量ってどれぐらいになりそうですか?
私がフラットスキャナで取り込んだものは、解像度どれぐらいで取ったか忘れましたが、ZIPファイル1冊分で100MB超えてまして……1GBで10冊かと思うとさすがに二の足が(汗)
 
No.860
 
天○  2006/11/12/07:57:05 [HOME]
ハヤカワ文庫/300dpi/320P+カバー+帯/カラースキャン/OCRの透明テキスト/フラットでスキャンした表紙(BMP)2枚付で79MB。JPEGで書き出したら57MBでした。モノクロだと更に半分になりますが、モノクロコピー機でコピーしたみたいになるのがネック(二値化するんだから当然なのだがorz CANONのほうはグレースケールスキャン機能があるけどScanSnapはない)。
カラースキャンPDFだとDVD-RAMに約50冊入ります。

>正規ビューワ
確かにAdobeが重いのは何とかしてもらいたいところですorz
 
No.861
 
神崎真  2006/11/12/08:57:51
前回コメントのあとで、ふと思いたって全部圧縮率を50にして保存しなおしてみたら、1冊50MB前後に収まりましたが、表紙やOCRテキストを入れ込むと、やっぱりそれぐらいにはなってしまいそうですね。
ううむ、やはり専用に外付HDD一個買わなきゃ駄目か…… ←既にほとんど購入前提に計画が立ちつつある
まあ、DVD1枚で段ボール1箱と思えば、スペース的に可愛いものですか(笑)
 
No.862
 
天○  2006/11/12/10:58:25 [HOME]
外付けHDDは100GB≒1000冊@300dpiくらいの見当で選ぶと余裕を持って入ります。
それから美しい電子本化の最重要項目は「裁断」です。カッターでまっすぐカットする技術か裁断機がなければ、これも予算計上なさるのをお薦めします(笑)
 
No.863
 
神崎真  2006/11/12/11:20:20
本をばらす作業は仕事でやったことがあるので、多分大丈夫です(手のひら幅の厚さのものを、カッターで裁断→複合機でPDF化した)
あの時は裁断作業といい、取り込み→変換作業といい、実に楽しゅうございました。

……もはや書籍をデジタル化することより、そういった経過作業の方に楽しみを見出している感があるあたり、完全に手段と目的が逆転しておりますな(苦笑)
 
No.864
 
そろそろ天城麗で(笑)  2006/11/12/13:04:07 [HOME]
楽しいですよねぇ……作業いろいろ。
スキャナは冬のボーナス待ちでも、裁断作業は今からでもできますよ? ……なぁんてね(笑)
 
No.865
 
 2006/11/16/19:41:42
 はじめまして。あたしも本のデジタル化に興味があるので(けど機材以前に本を切り裂けない気がひしひしとするんだよなー、決して丁寧に扱ってるわけじゃないんだけど)やりとり参考にさせていただきました。
 確かにPDFはビューアーといえばあれぐらいしかないですよね。以前、文庫をそのまま取り込んだようなレイアウトのお試し版があったので読んでみましたが解像度と視力の関係で一行が表示しきれずに、スクロールさせると描画しなおしとかになっていらいらして結局その文庫買って読みなおしたいう莫迦な話が(笑)。そーゆーところ今もかわってませんよねー。it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMIT0w000014112006みたいな記事もあったけど当時の環境のせいだけではあるまい。www.bravaviewer.jp/default.htm試そうかと思ったこともありましたけど。ほんとにレイアウト維持するなら画像の方がいいかもと思っちゃいますよ、PDAというかW-ZERO3でテキストとかは読むので余計にそう思うのかもしれませんけど。
 ではまた、ご縁がありましたなら。
 
No.874
 
神崎真  2006/11/17/00:01:38
蔡さま、はじめまして!
本を切り裂くのには、かなりの抵抗がありますよね……私もまだ、1冊も作業していないのですが、今からそれを考えてドキドキしていたりします。自分の持ち物でなかったら、また感覚が変わってくるのですけれど。

文庫をそのまま>
私も以前見たことがありますが、その当時は800×600画面のパソコンを使っていたので、まったくお話になりませんでした。今回は1240×768画面で、フルスクリーン表示できるソフトを見つけて、ようやくやってみようかと踏みきった次第で。

W-ZERO3>
うわあ、蔡さん W-ZERO3 ユーザーなんですね! 羨ましいです〜〜(>_<)
W-ZERO3 はドキュメントスキャナに次いで、私の中で欲しい物上位ランクにあります。
スキャナした画像からテキスト情報だけ取り出して、誤字脱字修正したものをPDAで表示するのが、一番読みやすくて好きなんですが、誤字脱字修正だけで何日もかかってしまうので、大量作業には向かないのが玉に瑕なんですよね……
 
No.876
 
 2006/11/18/20:50:04
 どもですー。いいなー、ハードディスク(笑)。
 いいですよーW-ZERO3、個人的にはかなり。あたしが持ってるのは初代で、あんま電話としては使ってませんけど(笑)、小説もどき書いたり、緊急時にサイト更新につかったりほかにもいろいろしてます。前述の通りテキスト読んだりWebコミック読んだりも。ビューアーにもよるだろうけどWebコミックが思いのほか読みやすかったので文庫1ページ1画像なら読みやすいかなとおもったんですけどねー。PDFだと閲覧ソフトが付属してますけど1ページ辺りの容量が多いと駄目みたいです、電子チラシ読み込もうとして失敗しましたから(笑)。テキスト読むことがほとんどであんま試してませんけど。それはさておき。
 やっぱり修正ってずいぶん入れないといけないんでしょうかねぇ。解像度上がるとテキスト化しなくても読めるかもしれないでしょうけど、そうなるとどうしても機械のサイズが大きくなるからパソコンでしか読めなくなりますからねー。文庫本の機動性を求めるのは無茶かもしれませんけど機材があればやりたいですから、テキストだとゲーム機とかでも読めるみたいですしね、最近のだと。最初からデジタル書籍で買うって手もありますけど、それもいろいろ微妙ですしねー、買ったことあるけど(笑)。
 関係ないですねすみません。
 ではまた、ご縁がありましたなら。
 
No.882
[1][2]

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/20061111858


No. PASS

<< 2006年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 意外とないものだ

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41