シ リ ー ズ も の そ の 他  ■ HOME  ■ 閲覧室へ戻る
楽園の守護者
 
 
 NEW
 キラー・ビィ
 
 月光写真
 
 日月堂
 
 きつね
 
 ノンシリーズ他
 
 お題・質問他
 
 DL版まとめ
 
 ■ 覚え書き
 
 ■ メールフォーム
 

 

オリジナル小説書架


神崎作成のオリジナル小説。
各テーブルの上へいくほど新しいものです。

原稿用紙400枚ぐらいで、だいたい文庫一冊(300P程度)相当になります。

長編や最新更新分につきましては、
一括ダウンロード版も用意しています。
DL版について


◆◇ 最 終 更 新 ◇◆

Last up 2017/09/22

鵺の集う街でII
第五章 周囲の困惑
をUP。

※最新のみDL※
テキストファイル未圧縮
毎回差し替えます

現在お礼五種
超・長編小説同盟
私は超・長編小説同盟
参加しています。


新着小説 げったぁ



◆◇楽園の守護者シリーズ◇◆
ジャンル:異世界ファンタジー 完結済 番外随時

※初めての方は【 物語概要 】からどうぞ※

※【 モノカキさんに30のお題 】にも番外編置いてます※

このシリーズの一括DLはこちら


楽園の守護者
2016/8/19 完結
【本編終了後/原稿用紙約55枚/完結】
「『馬子にも衣裳』なんだろ。いつまでもやってられっか」
コーナ女公爵の婚約を披露する夜会で、ロッドはまるで見世物か何かのように連れまわされていた。宴を終えた後は、不本意に飾り立てられた衣装や装飾品を、さっさと放り出してゆく。
そんな彼へと、フェシリアが差し出したのは ――
「手管」の翌日で、「契約」前編あたりの時系列です。
楽園の守護者
番 外
2014/8/8 完結
【本編終了後/原稿用紙約120枚/完結】
「お前が一番、都合がいい」「てめえ ―― 頭は確かか?」
女公爵として爵位を継いだフェシリアへと、周囲は跡継ぎを産むことを求め、早急に婚姻をと迫る。しかしそんな余裕などない彼女は、ロッドへと偽装婚約を持ちかけた。そこにはけして、公にできない裏の事情も隠されていて……
最終話の直前から、本編終了後一年ぐらいまでを飛び飛びにお送りします。
楽園の守護者
2013/7/19 完結
【本編終了後/原稿用紙約80枚/完結】
「カルセストの奴、ずいぶんはりきってるな」「やはり後輩ができて嬉しいんだろう」
カルセストがセフィアールとなってから、三年あまり。このたび新たな破邪騎士が叙任された。ようやくできた後輩へと、カルセストは嬉々として指導に当たるのだが……
時系列的には、↓の「手管」より1〜2ヶ月前にあたります。
楽園の守護者
2013/1/7 UP
【本編終了後/原稿用紙約27枚/完結】
「 ―― すぐに答えを出せとは言わぬ。だが、前向きに検討してみてくれ」
女が男を『落とす』のに、手練手管を弄するのは当たり前。まして政治の世界では言わずもがな。故にそれは彼女が彼を口説き落とす、その一歩目となる言葉であった。
楽園の守護者
2012/8/24 UP
【第十六・六話/原稿用紙約17枚/完結】
「我々はみな、いつかここに眠る。お祖父さまも、私も ―― 」
口にしなかった続きを、果たして彼は察したか否か。
二人の継承者が祖父に捧げる、それは彼らだけの弔いだった。
楽園の守護者
番 外
2012/5/4UP
【第十六・五話/原稿用紙約34枚/完結】
“その身に負った傷の回復が、異常に早いと気づいたのは、はたして幾つぐらいの頃だっただろう”
それは遡ること数年前。未だ二人の破邪騎士が知り合って間もない頃のこと。自らを知る大きな転機となった事件を、ロッドは感慨深く思い返す ――
補足的番外編。本編読了後推奨です。
楽園の守護者
2010/10/15 UP
【第?話/原稿用紙約3枚/完結】
「むかしむかし、あるところに王さまとお姫さまがいました」
それは、いつの日にか語られるかもしれない、おとぎ話。
後日談的番外編です。
楽園の守護者
2010/02/05 UP
【第六・五話/原稿用紙約12枚/完結】
「鵞鳥亭の庭が、雪化粧でなかなか趣深くなっているらしいぞ。そちらに席を用意させようか」
珍しく王都を襲った大雪に、破邪騎士達がとるそれぞれの行動は。番外編です。
楽園の守護者
2009/7/24 UP
【第十七話/原稿用紙約43枚/完結】
「ついに見合いのお膳立てたぁ、あいつもとうとう身の固め時ってやつかね」
王位を継いだエドウィネルは、後継者をもうけるべく、ふさわしき姫君を必要とする。そしてそれぞれもまたそれぞれに、自然、傍らに立つべき人々を求めゆき ――
シリーズ最終話。これにて完結です。
楽園の守護者
―受け継ぎしは―
 /  /  / 
 /  /  / 
2009/6/26 完結
【第十六話/原稿用紙約188枚/完結】
「 ―― この光景が公にされたなら、セイヴァン王家の威信は地に堕ちるだろうな」
全てを知ったエドウィネルは、孤独を噛みしめながらひとりごちる。その耳に響くのは、いまそこにはいない人の言葉で……
本編再開。そのとき彼らが受け継ぐ真実とは ――
楽園の守護者
2008/12/26 UP
【第六・五話/原稿用紙約27枚/完結】
「いつもありがとう。こちらも助かってるよ」「いんや。これぐらい、たいしたこっちゃねえですけん」
嵐に襲われ多くの被害を出した山村に届けられたのは、懐かしい相手からの便りだった。
本編とは関係のない番外編。時系列は第一部と第二部の間あたりです。
楽園の守護者
2007/12/07 UP
【第十五・五話(番外)/原稿用紙約9枚/完結】
「てめえの目的のためなら、手段なんぞ選ばねえってえ、その姿勢は共感できるんだがな……」
それは、誰一人として耳にすることのなかった呟き。
外伝〜疑惑〜の幕間。彼があえて杯をあおった、その理由は ――
楽園の守護者
外 伝
2007/11/23UP
【第十五話(外伝)/原稿用紙約37枚/完結】
「……ずいぶん、刺激的な味のする酒だな」
公爵家の晩餐に突如乱入した青年は、注がれた酒に口をつけると、意味ありげにそう呟いた。
時系列は十四話直前。未だ妖獣が現れる前のコーナ公爵領です。
楽園の守護者
―継承のとき―
 /  /  / 
 /  / 
2007/3/16 完結
【第十四話/原稿用紙約160枚/完結】
「王のつとめは君臨し支配することにあらず。ただ民達を守り、その平穏なる生活のために奉仕することなれば ―― 」
時は過ぎ、継承の時は訪れる。王都ではエドウィネルがすべてを受け継ぎ、公爵領ではフェシリアがその仮面をはずす。
そして次々と姿を現す妖獣達を前に、破邪騎士達が選ぶ道は……
楽園の守護者
2006/9/15 UP
【第十三話(外伝)/原稿用紙約30枚/完結】
「この身命のすべてを賭し、民のため剣をとることを誓います」
嘲りと失笑の中で、告げられた言葉の重みを知る者は、その当時、誰ひとりとしていはしなかった。
時系列としては七・五話にあたりますが、ここで読んで欲しいので十三話としてUP。
楽園の守護者
番 外
2006/6/16UP
【第九・五話(番外)/原稿用紙約16枚/完結】
「でしたら交換いたしましょうか」「え?」
フェシリアとエドウィネル。年齢も性別も立場も異なる、けれど良く似たこの二人は、部下を大切にするところも似通っていて……
みずの様より123456HITでリクエストいただいていたお話です。
楽園の守護者
 /  /  / 
2006/5/19 完結
【第十二話/原稿用紙約102枚/完結】
老人達の語る昔語りによれば、かの恐るべき妖獣共は、かつて星から墜ちてきたのだという。
事態が混迷を見せつつある中、一人南方に残った破邪騎士と次期公爵の姫は、妖獣の襲来を前になにを思うのか。
本編連載再開です。
楽園の守護者
番 外
― 希 望 ―
2005/4/8UP
【第十一・五話(番外)/原稿用紙約14枚/完結】
「―― そりゃあまた、あけすけに訊きなさいますね、旦那」
それぞれが期待し待ち望むものと、そうあろうと願い思い描く姿。
時系列としては十一話『失われた欠片』二章目あたりです。
楽園の守護者
番 外
― 迷 子 ―
2004/10/1UP
【第六・五話(番外)/原稿用紙約23枚/完結】
「まさかこのだだっ広いところで、はぐれるだなんて……」
破邪の任務の途上、カルセストは霧にまかれ一人道を失っていた。
10万HIT記念アンケートにつけていたおまけ小話です。『風の吹く谷』以降『宴の夕べ』以前。
楽園の守護者
―失われた欠片―
 /  /  / 
4(終)
2004/3/12 完結
【第十一話/原稿用紙約135枚/完結】
「だったらなんで、エドウィネルに何も言わなかった!?」
視察を終え王都に帰還する王太子のもとへ、衝撃的な知らせがもたらされる。事態は少しづつ動き始めていた。
本当なら長編になるはずでしたが、どうにも進まないので中編数話に分割。
楽園の守護者
 /  /  / 
 /  / 
2003/7/18 完結
【第十話/原稿用紙約150枚/完結】
コーナ公爵領へと視察に訪れた王太子は、フェシリア公女と穏やかに親睦を深めつつあった。その一方、使者に出たレジナーラは妖獣の襲来に出くわす。
またロッドは、どこからしからぬ屈託を見せていた。
楽園の守護者
番 外
― 永 遠 ―
2003/2/14UP
【第八・五話(番外)/原稿用紙約15枚/完結】
「あんたまた、全部自分で仕切る気か?」
建国祭を間近に控えた昼下がり、日溜まりで老人と茶飲み話。
モノカキさんに30のお題】用に書いていた小話です。『宴の夕べ』直前8.5話。
楽園の守護者
 /  /  / 
2002/9/20 完結
【第九話/原稿用紙約125枚/完結】
「フェシリアどのは、アルス公爵領をご覧になったことがありますか」
建国祭に沸く王都へと訪れた、コーナ公爵家の一行。祭りに際し一般にも開放された王宮では、普段は見られぬ様々な人間が行き来していた。
第一部「風の吹く谷」から二年。変わるものもあり、変わらぬものもあり。
楽園の守護者
―南方の姫君―
2002/3/14UP
【第八話/原稿用紙約50枚/完結】
セイヴァン屈指の大貴族、コーナ公爵の跡取りは、いまだ年若い姫君だった。美しく高貴な彼女の周りには、自然様々な思惑が入り乱れ ――
今回はいつもと舞台を変えて、新キャラのみで。
楽園の守護者
外 伝
― 邂 逅 ―
2002/1/7UP
【第七話(外伝)/原稿用紙約40枚/完結】
“その若者と初めて出会ったときのことを、エドウィネルは不思議な感覚と共に記憶していた ――”
偶然か、それとも必然か。その出会いがなければ物語は始まらなかった。
第二部開始として、まずは過去話。
楽園の守護者
―風の吹く谷―
 /  /  / 
 /  /  / 
 / 
2001/11/09 完結
【第六話/原稿用紙約290枚/完結】
「……馬鹿な男が、いたのさ」
山奥の、隠れ里に等しい小さな村。襲いくる巨大な妖獣に、貧しい村人達が選んだその道は……
ここまでが第一部です。2001/4/16〜11/9にかけて連載。
楽園の守護者
外 伝
―いとしきもの―
2001/1/7UP
【第五話(外伝)/原稿用紙約35枚/完結】
「この命は、彼女のために使う」
自分を愛した人がくれた命を、自分が愛する人のために。
言葉を持たぬ青年が、心ひそかに決意する想い。
楽園の守護者
―過ぎゆく流れ―
2000/11/09UP
【第四話/原稿用紙約45枚/完結】
痩せこけた浮浪児と妖獣に襲われた移民の少年、そしてある日突然、家族から切り離された公子 ―― それぞれの異なる過去と、そして重なる現在。
別タイトルはそれぞれの日常です。
楽園の守護者
―絆の行方―
2000/8/11UP
【第三話/原稿用紙約60枚/完結】
「どんだけそいつが優秀だろうが、状況判断ができようが、いざって時にしゃべれねぇようじゃ役に立たねぇだろうが」
さかのぼること数年前、二人の青年の出会いは最悪に近いものであった。
楽園の守護者
2000/5/14UP
【第二話/原稿用紙約65枚/完結】
“果たして国民は、そして騎士達は気付いているのだろうか。私の跡を継ぐ者が存在するのかどうか。この国の未来もまた、現在と同じように繁栄を続けられるのか。その保証は、けして誰からも為されてなどいないということに……”
破邪国家セイヴァン王太子が抱く、苦悩と希望。
楽園の守護者
2000/2/21UP
【第一話/原稿用紙約40枚/完結】
昼夜を問わず妖獣が跋扈する危険な国で、民を、土地を守るため剣をとる騎士達がいた。 王家より銀の細剣と破邪の能力を下賜された彼らは、閉ざされた楽園たるかの国の、まさに守護者と呼ばれるべき存在、なのだが ――
特殊能力云々よりも、むしろ力業率の高い人達。不良騎士とか隻眼の青年とか。





◆◇ぬえの集う街で シリーズ◇◆
ジャンル:未来SF

※初めての方は【 物語概要 】からどうぞ※

このシリーズの一括DLはこちら


鵺の集う街でII
Lastup 2017/9/22
【第二話/全十一章予定/連載中】
「ル、ルイーザ姐さんっ。あの人! あの人、なんて名前なんですか!?」
キメラ居住区のカフェレストラン【Katze】は、今日も変わらない賑わいを見せている。獣人種が集う店に、ただひとり足を運ぶ人間ヒューマンの姿も、ずいぶんと馴染んできていた。しかし安定し始めた日常は、新たなる客によってかき乱されることとなり……
長編シリーズになりました(苦笑) どこまで進めるか判りませんが、ぼちぼちやっていこうと思います。
後日談
2017/3/17 完結
【後日談/原稿用紙約50枚/完結】
「持って上がるモン、あんのか?」
物置部屋から引っ越すリュウを手伝うことになったゴウマらは、呆れ顔でそう呟いていた。それほどまでに、そこは人が住んでいたとは思えない状態で……
第一話には入り切らなかった、その後や裏側であったあれこれの補足的な。
鵺の集う街で
 /  /  / 
 /  /  / 
 /  /  / 10
11 / 12 / 13 / 
2017/1/7 完結
【第一話/原稿用紙約405枚/完結】
度重なる大規模な事故と戦争と災害によって、世界は一度崩壊した。
かつては愛玩目的で製造され特権階級達にもてはやされていた人造生物獣人種キメラも、過酷な環境のなか人間に代わる労働力として、次々に使い捨てられていった。それから数百年。獣人種にも人権を認める稀有な街で、記憶を失った銀狼の青年が暮らしていた。人間に対してはもちろん、同じ獣人種に対しても心を閉ざしがちな彼だったが、しかしその住まいであり職場でもあるビルが、ある日突然、人間ヒューマンに買い上げられてしまい……
久々新シリーズ。どの作品ともリンクはしていません。SFというより、SF風味のファンタジーといったほうが近いかもです。





◆◇キラー・ビィ シリーズ◇◆
ジャンル:未来SF

※読切連作。初めての方は【 物語概要 】からどうぞ※

※【 モノカキさんに30のお題 】にも番外編置いてます※

このシリーズの一括DLはこちら


デザート・ノイズ
2003/1/17UP
【第六話/原稿用紙約40枚/完結】
「俺は、見えないどこかにいる誰かより、お前の方が良い」
かつては繁栄し ―― いまではすべてが砂に埋もれた廃墟の惑星。そこでは磁気を帯びた砂嵐のせいで、精密機械のほとんどが役に立たなかった。
Think of you
2002/5/17 完結
【第五話(外伝)/原稿用紙約50枚/完結】
トラブル・コンダクター「殺人蜂」の頭脳担当ジーンと、戦闘担当のカイン。そしてかつてカインと共に時を過ごしていた、有翅人種《フィーリーア》のローズ。
それぞれがそれぞれに対し、抱く思いは……
2002/04/26〜5/17にかけて連載。
プシ・キャット
 /  /  / 
2001/12/25 完結
【第四話/原稿用紙約160枚/完結】
「むちゃくちゃ好みだろ、アレ」
持ち船を整備中のジーン達の元へ、馴染みの解析屋から連絡が入った。緊急の仕事だと呼び出された先で待っていたのは、仔猫を連想させる無邪気な少女と、明らかに頭脳労働者とおぼしき青年の二人連れで ――
2001/9/23〜12/25にかけて連載。珍しく、女性含有率が高い……かも?
メタモルフォシス
2001/6/16UP
【第三話/原稿用紙約17枚/完結】
「そんな男は、もうどこにもいやしねえ」
失われた過去は二度と戻ることなく、しかし未来はどんな形であれやってくる。失われたものと得たものを、秤にかけることなどできるはずもなかったけれど。
ジーンの男言葉の理由が明らかに。
イミテーション・
レッド
2001/3/16UP
【第二話/原稿用紙約35枚/完結】
「お……まえッ、海賊の上前はねる気だったのか!?」
トラブルコンダクター「殺人蜂《キラー・ビィ》」のジーンとカインは、今日も依頼を果たすべく海賊船に潜入し、首尾良く目的の品を手に入れたのだが……
リアル・ゲーム
2001/3/16UP
【第一話/原稿用紙約65枚/完結】
『我々は、けして現実では得ることのできない世界を、あなたに差し上げましょう』
脳に直接刺激を与えることで生み出される、仮想現実世界。ゲームとして確立されたその世界から、少年をひとり連れ戻すのが、今回の依頼だった。
オリジナル同盟のSF企画で使用した作品です。




◆◇月光写真シリーズ◇◆
ジャンル:現代もの

※読切連作。他シリーズとも微妙にジョイント※

※【 モノカキさんに30のお題 】にも番外編置いてます※

このシリーズの一括DLはこちら


雪月夜
2004/02/13UP
【第五話/原稿用紙約55枚/完結】
「おにいちゃんは、雪男?」
深夜の山中で唐突に問いかけてきたのは、愛らしい小さな女の子だった。
雪を語るには、この人の他はないということで、久しぶりに書きました。
桜の下の……
2002/03/29UP
【第四話/原稿用紙約30枚/完結】
「桜の下には、鬼がいるんですってね」
婚約者を失った青年が桜の下で見たものは、人か魔物か、それとも……?
森本様より20000HITでリクエストいただきました。ちょっとミステリっぽい、かも。
炎 華
2000/8/29UP
2011/10/28修正
【第三話(番外編)/原稿用紙約13枚/完結】
“彼女は大輪の花だった。それもとびきり鮮やかな……そう、真紅の曼珠沙華が相応しい。燃えさかる炎にも似た、鮮やかに目を奪う、一抹の毒すら含んだ彼岸の花だ”
番外短編。鳥田彰子嬢よりイラストでリクエストされたお話です。
ホタル
2000/10/6UP
【第二話/原稿用紙約25枚/完結】
“今宵は彼らにとって婚礼の夜なのだ。愛しい相手を見つけだし、契りを結ぶ。たった数日間の恋を実らせるために、彼らはああして輝き、呼びかけている”
オリジナル同盟の夏企画で使用した作品。途中から別ページもあります。
夏の夜の夢
挿絵 鳥田彰子様
2000/8/1UP
【第一話/原稿用紙約30枚/完結】
「あなたの目に映る星の数は、きっと私のそれよりずっと多いのでしょうね」
月夜の情景を撮影するカメラマンと、浜辺で出会った青年との穏やかな会話。
鳥田彰子さんちのサイト開設祝いで、「ノンシリーズ他」の「夏の光の残像」と対になってます。





◆◇ 骨董品店 日月堂ひづきどう ◇◆
ジャンル:現代ファンタジー

※初めての方は【 物語概要 】からどうぞ※

※【 モノカキさんに30のお題 】にも番外編置いてます※

このシリーズの一括DLはこちら


雨月露宿
 /  /  / 
 /  / 
口絵 尼野豆太様
2015/3/13 完結
【第十六話/原稿用紙約133枚/完結】
「あの馬鹿、行方不明になってるのよ」
年末を間近に控えた冷たい雨の降る日、その知らせはもたらされた。和馬が仕事先から失踪したと聞いた晴明は、何か自分にできる事はないかと模索して……
同族相喰
2012/1/7 UP
2014/1/7 再UP
【第十五話/原稿用紙約33枚/完結】
「なにもかも除霊すれば、それで良いというものではないでしょう?」
呪いを祓おうとしていた拝み屋の元に現れた青年は、まっすぐな眼差しで告げた。
「……術力がないからこそ、できることもあるんですよ」、と ――
「鏡裏捕影」から数年。変わらない部分もあり、成長した部分もあり。そしてじょじょに認知されてゆくその名前は。
未必故意
2014/1/7 UP
【第十四話/原稿用紙約31枚/完結】
「誰かが誰かと関わっていれば、そこには必ず縁(えにし)が生じるわ」「あいつらを受け入れて、日月堂の店主になった時点で、お前には『責任』ができたんだよ」
口々に投げかけられる言葉は、厳しいけれどもひどく優しい。
けれどそんなふうに言って欲しかった本当の相手は、今はどこまでも遠くて……
刻輪廻
2011/12/16 完結
【第十三話(外伝)/原稿用紙約54枚/完結】
「にいさまは、そうおもうんだ」「うん」「じゃあ、ぼくもおもう!」「ほんと?」「うん!」
遡ること十数年。陰陽道の宗家たる安倍家に生まれた双児と、二人を取りまく人々。幼い兄弟達が、やがてそれぞれに立場を違え、別れて暮らすこととなったいきさつは……
晴明が『晴明』になったその理由。鬱展開注意です。
神秘の国
2011/1/7 UP
【第十二話(番外)/原稿用紙約19枚/完結】
『ここは、神社の裏手にある、「チンジュ」の森です。どうですか。美しいですね』
東洋の風景を取材に来たTVスタッフ達が、神の座す杜で体験した神秘的な出来事とは……
番外掌編です。
魔鏡遊戯
 /  /  / 
 / 
口絵 尼野豆太様
2008/11/21 完結
【第十一話/原稿用紙約83枚/完結】
「申し上げにくいのですけれど……この鏡に、骨董としての価値はございません。近代、それもここ数年内に作成された、レプリカだと思われます」
鑑定をと持ち込まれたその銅鏡は、骨董価値などまるでないレプリカに過ぎなかった。しかしそんな鏡をきっかけとして、彼らが見いだすことになったものは……
紅玉残夢
 /  /  / 
 /  /  / 
挿絵 尼野豆太様
2006/2/17 完結
【第十話/原稿用紙約200枚/完結】
「……ご病気、ですか?」「はい」
アンティークの指輪を引き取るべく山奥の屋敷を訪れた晴明達は、そこで主の急な病を知らされる。しかもそこには主人の親族のほかに、一筋縄ではいかない術者達の姿も見受けられ……
初心に返って、骨董品を巡るお話をひとつ。
影見影待
 /  /  / 
 / 
挿絵 尼野豆太様
2005/3/18 完結
【第九話/原稿用紙約120枚/完結】
「……まあ、良くある話だな」「そうですね」
持ち主に不幸をもたらすと噂のペーパーナイフは、ことその店においては特筆するほど珍しいものでもなかった。そのはずが……
久しぶりの本編更新です。
硝子の瞳
2004/5/14UP
【第八話(外伝)/原稿用紙約40枚/完結】
「犬猫拾ってきた小学生の親じゃあるまいに ―― なんだって俺がこんなこと言いきかせにゃならんのだ」
O-bake様より80000HITでリクエストいただきました。ロンリィ・ナイトと鏡裏捕影の間あたりのお話です。
刻迷路
2001/7/23UP
【第七話(外伝)/原稿用紙約45枚/完結】
「……忠行様の式神か。私を呪殺せよと……命じられたのか?」
遠く遙かな平安の御代に、後に大陰陽師として名を残す男が生を受けていた。
またもや外伝。今度はぐっとさかのぼってます。
ロンリィ・ナイト
2001/05/23UP
【第六話(外伝)/原稿用紙約45枚/完結】
「なぁ、おまえあいつが怖くないのか」
表情も感情も凍りつかせたその少年が、唯一心を開いた相手とは ――
過去話です。語り手は新キャラ某さん。でもファイル名見れば、なにを書きたくて書いたかバレバレかと。
まじわりのことわり
口絵 尼野豆太様
2001/2/2UP
【第五話/原稿用紙約65枚/完結】
「妖《ばけもの》は、確かに人間を殺すことがある。けれどね、人間は妖《ばけもの》を殺すこともあれば、生み出すこともあるんだ」
直人を通じて晴明の元へ、怪異に関する相談が持ち込まれる。
少し長めですが、1ファイルに収まっています。 2001/9/18 口絵UP
静 夜
口絵 尼野豆太様
2000/12/28UP
【第四話/原稿用紙約15枚/完結】
「今日が何の日か知らないのか?」
クリスマスに掲示板に掲載したショートショート。
つっこむべき所は多々あるけれど、とにかくほのぼのとしたアットホームなお話。 2001/9/18 口絵UP
It is daily, too.
口絵 尼野豆太様
2000/12/15UP
【第三話/原稿用紙約25枚/完結】
“含んでいた茶を吹き出し、背中を丸めて咳き込む和馬の前で、彼女はつぶらな瞳をくるりと動かした。”
久しぶりに晴明の元を訪れた和馬を、もてなしてくれた存在とは?
滅茶苦茶久しぶりなこのシリーズ書き下ろし。短編です。 2001/9/18 口絵UP
不帰永眠
 /  /  / 
 / 
挿絵 尼野豆太様
2000/4/9UP
【第二話/原稿用紙約120枚/完結】
「他にどうしても方法がないって判断したら、俺はきみ達を見殺しにするよ」
偶然見つけた朽ちかけの祠をきっかけに、少年達はクラスメートの新たな一面を知ることに。 2001/9/18 挿絵UP
鏡裏捕影
 /  /  / 
 /  / 
挿絵 尼野豆太様
2000/1/7UP
【第一話/原稿用紙約230枚/完結】
「あなたが鏡を取り戻されるか、私が手に入れるか……それとも封印が解かれるのが先か……競争ですね」
奪われた魔鏡を巡る風使い+アルファ。言霊や化け物などが出てきますが、メインは青年二人のどこかずれた微笑ましいやりとりです。 2001/9/18 挿絵UP





◆◇きつね シリーズ◇◆
ジャンル:現代FT


※読切連作。他シリーズのスピンオフですが、独立して読めるはず※

※初めての方は【 物語概要 】からどうぞ※

このシリーズの一括DLはこちら


信仰論
 /  /  / 
2015/11/13 完結
【現代FT/原稿用紙約95枚/完結】
「 ―― 二人とも、昔っからそういうのに興味持ってたじゃない!」
涼子や恵美と高校が同じだったという女子学生は、自身が傾倒する占い師に会うよう、しきりに勧誘してきた。いささか強引なその言動を見かねた直人に対し、彼女が告げた予想外の言葉は……
続編読みたいというリクエストが、実は一番多いこのシリーズ。久しぶりに書いてみました。
竜神祀
 /  /  / 
 /  / 
2008/5/17 完結
【現代FT/原稿用紙約127枚/完結】
「ケチって鈍行なんか選ばなきゃ良かった……」
大学三年生の夏休み。自宅へと帰省するのに、わずかな金を惜しんで各駅停車に乗ることを選んだ青年は、崖崩れのために海沿いの小さな町で足止めを食うこととなったのだが ――
20万HIT記念のキャラ投票で、直人がTOP3入りした記念御礼でした。
きつね
 /  /  / 
 /  /  / 
挿絵如月伊万里様
2001/03/02 完結
【現代FT/原稿用紙約280枚/完結】
「……信じる者や知っている者が誰一人いなくなったとしても、『それ』があったという、そのこと自体まで消えてしまう訳じゃないだろ」
なんの取り柄もない平凡な大学生が持つ、たったひとつの譲れない『何か』とは?
2000/06/02から連載していました。





◆◇ ノ ン シ リ ー ズ 他 ◇◆



キャラ座談会2
2015/7/3UP
【ジャンル混在/キャラクター対談/完結】
サイト開設十五周年を記念してアンケートを設置した際に、お礼画面としてUPしていたものの再録。
今回は、本来なら絶対に顔を合わせることのない、ジャンル違いの話のキャラクター達を集めた対談です。当サイトのオリジナル作品の裏話、ネタバレ、メタ発言をおおいに含んでおりますので、ご注意下さい。
特殊次元・特殊
生物対策処理委員会特殊処理実働課
2007/9/21 完結
【現代FT/原稿用紙約340枚/完結/DL版
「畜生っ、なんだって、俺が、ここまでやんなきゃ、なんだ、よ」
怪しい政府機関に雇われた、働く高校生片桐拓也少年の愉快(?)な日々。
1〜7までは拓也メイン。8〜10話は各脇キャラに焦点を当てております。
各話直通→  /  /  /  /  /  / 7-1 / 7-2 / 8-1 / 8-2 / 8-3 /  / 
10-1 / 10-2 / 10-3 / 10-4 / 10-5 / 10-6(終)
月の刃 海に風
 /  /  / 
 /  / 
挿絵 尼野豆太様
2005/10/14 完結
【異世界FT/原稿用紙約75枚/完結/DL版
「商談を、いたしましょうか」
自由交易都市にその名を残す、冒険商人ジルヴァ。生涯船を下りることなく、一海洋商人として取引の現場に身を置き続けた彼の、若かりし日の日常は。
同タイトルのSSを中編に書き直しました。各キャラのイメージ(※ネタバレあり)はこちらをどうぞ。
キャラ座談会
2005/1/07UP
【ジャンル混在/キャラクター対談/完結】
サイト開設五周年を記念して、作品をまたがってのキャラ座談会をUPしておりました。当サイトのオリジナル作品の裏話、ネタバレをおおいに含んでおりますので、ご注意下さい。
斬 靄 剣
―鈴音道行―
 /  /  / 
 /  / 
挿絵 尼野豆太様
2002/11/15 完結
【時代もの/原稿用紙約120枚/完結/DL版
「……あれで腕っぷしが悪かったら、ほんとにろくでなしだよな。あのおっさんは」
美貌の三味線芸人志朗と、派手なナリをした屈強の浪人進之介。一見したところまるで共通点などない二人連れが、宿場町で巻き込まれた騒動は。
尼野豆太様よりの25000HITリクエスト作品。
2002/10/18から連載していました。表のオリジナルで30タイトル目です。
夏の光の残像
口絵 尼野豆太様
2000/7/14UP
【現代FT/原稿用紙約30枚/完結】
「葉擦れの音って、どこか潮騒に似ていると思わない?」
緑豊かな山間の村へ訪れたカメラマンと、不思議な空気をまとう女性とのやりとり。
CHUCAさんちへのサイト開設祝い。「月光写真」シリーズの「夏の夜の夢」と対のつもりで書きました。 2001/9/18 口絵UP
ソラノナミダ
口絵 尼野豆太様
2000/6/30UP
【現代FT/原稿用紙約20枚/完結】
「強く……なんねェとなぁ……」
山間の造成工事現場で、人々を襲う怪物に対し、和馬が決意したことは……
骨董品店 日月堂の「鏡裏捕影」より2〜3年前にあたるお話ですが、これだけ読んでも問題ないと思いますので、とりあえずここにUP。 2001/9/18 口絵UP
FUTURE
2000/4/25UP
【未来SF/原稿用紙約20枚/完結】
『この任務が果たせるのは、もはや君しかいない』
『 ―― 健闘を祈る《グッド・ラック》』
某サイトのイラストを見て書いた短編です。目指せバ●オ・ハザード。
かくれおに
 /  /  / 
 /  /  / 
2000/1/7UP
【現代FT/原稿用紙約220枚/完結/DL版
「 ―― つまりパターン化された七不思議とは、『学校』という各地に共通した場を舞台とすることで、全国のあらゆる学生が共有し、力を合わせて作り上げた巨大な仮想現実《バーチャルリアリティ》と言える訳だな?」
怪談『七不思議』を、指折り数えれば軽く両手の指が埋まる。そんな学園で起きた失踪事件は、はたしてどのような解決をつけるのか。





◆◇ お題・質問・その他 ◇◆



拍手お礼再録
31 / 32 / 33 / 34
35
Lastup 2014/10/17
【ジャンル混在/番外掌編集/再録】
WEB拍手のお礼画面を再録。数が増えたのでまたも項目を分け。
31から順に、骨董品店 日月堂8楽園の守護者6楽園の守護者7骨董品店 日月堂9楽園の守護者8となっています。
花から連想5の
2009/7/10 再録
【楽園の守護者/番外掌編集/終了】
WEB拍手のお礼画面として連載していたものを再録。
すべて楽園の守護者シリーズのSSです。
拍手お礼再録
21 / 22 / 23 / 24
25 / 26 / 27 / 28
29 / 30
Lastup 2011/6/10
【ジャンル混在/番外掌編集/再録】
WEB拍手のお礼画面を再録。数が増えたのでさらに項目を分け。
21から順に、骨董品店 日月堂5骨董品店 日月堂6月の刃 海に風7骨董品店 日月堂7楽園の守護者3楽園の守護者4きつね4(竜神祀)楽園の守護者5キラー・ビィ3きつね5となっています。
拍手お礼再録
11 / 12 / 13 / 14
15 / 16 / 17 / 18
19 / 20
Lastup 2007/11/17
【ジャンル混在/番外掌編集/再録】
WEB拍手のお礼画面を再録。数が増えたので項目を分けました。
11から順に、キラー・ビィ2きつね3月の刃 海に風5楽園の守護者2かくれおに??月の刃 海に風6骨董品店 日月堂3骨董品店 日月堂4月光写真となっています。
拍手お礼再録
 /  /  / 
 /  /  / 
 / 10
Lastup 2006/12/8
【ジャンル混在/番外掌編集/再録】
WEB拍手のお礼画面を再録。
1から順に、キラー・ビィ骨董品店 日月堂きつねきつね2骨董品店 日月堂2月の刃 海に風月の刃 海に風2月の刃 海に風3月の刃 海に風4楽園の守護者となっています。
創作小説を書く
人に十のテーマ
2007/9/21 終了
【現代FT/原稿用紙約340枚/終了】
ノンシリーズ他の方にて、「特殊次元・特殊生物対策処理委員会特殊処理実働課」として書いてました。
5行以内で50の
2006/9/8 終了
【ジャンル混在/短文集/終了】
原稿用紙で5行、もしくは100文字以内で表現するというお題。
拍手お礼画面としてUPしていたのをまとめました。自作オリジナル小ネタ集です。
文章修行家さんに
2006/6/2 終了
【ジャンル混在/短文集/終了】
65文字以内で情景を表現するというお題。2005/1/21から随時更新していました。
他の話へのジョイントはありません。すべて独立した短文です。
オリキャラを比較
2005/6/24 終了
【ジャンル混在/質問系/終了】
自作のオリジナル作品から好きなキャラクターを選び出し、身長、年齢、美形度などを比較してみるという質問です。
ネタバレ・裏話を含んでおりますのでご注意下さい。
モノカキさんに
2003/10/10 終了
【ジャンル混在/短編集/終了】
媒体問わず、タイトル・ジャンル自由、オリジナルでも二次創作でもOKということで、楽園シリーズ、日月堂、ノンシリーズに009二次創作などなど、各種取りそろっております。


閲覧室へ戻る


HOME