<<Back  List  Next>>
 雨 月 露 宿あめのつきつゆのやどり  骨董品店 日月堂 第十六話
 序 章
 ― Makoto.Kanzaki Original Novel ―
(2013/12/20 16:03)
神崎 真


 みぞれ混じりの冷たい雨が、ワイパーが動かなくなったフロントガラスの表面を、幾筋も伝い落ちていった。
 両脇の窓は外の寒さを示すかのように、白く曇っている。
 エンジンを止めた車の運転席で、彼は深く息をついていた。
 これからの予定を思うと、それはため息のひとつも出ようというものだ。
 しかし、自分で決めた行動だった。
 いつかはそうできたら、と。以前から心の底で考えていた。
 その思いは、年下の一風変わった友人ができてから、いっそう強くなったように思う。
 その為にも更なる修業を重ね、少しは力をつけられたと奢りではなく手応えを感じていた。そうして今回、ようやくその夢を叶える第一歩を踏み出すことができたのだ。
 ちらりと、後部座席へと視線を向ける。
 シートに横たわる身体は、ぴくりとも動きを見せない。まだ当分、意識が戻る気配は感じられなかった。
 もう一度、氷雨にけむる外の景色を見やり ―― 覚悟を決めるように、車のキーを抜く。
 そうして彼は、勢い良く車のドアを開け、雨に打たれながら車外へと降り立ったのだった。


<<Back  List  Next>>


本を閉じる

Copyright (C) 2014 Makoto.Kanzaki, All rights reserved.