我を見つめるその双眸よ。
玻璃のごとく澄みたるその輝きよ。


其はただ我が姿をおもて)に映すのみにて、 けしてその内なる想いを見透かさせず。


なれどなお、望まずにはいられぬこのあさましさよ。


なれどなお、その笑みひとつでいざな)われる、この至福よ ――



ものすごく以前に戴いていたイラスト……をUPしようとして鳥田嬢にお伺いをたてたところ、 わざわざニューバージョンを描き下ろして下さいました。む、無理言ってごめんよぉぉぉおお。でも嬉しいvv
それにしても鳥田嬢よ……あなたのイラストは素晴らしすぎます。どうやったらモノトーンでここまでのうるわしさが……(感涙)





本を閉じる