プロローグ  



 ……先輩……チェン先輩……。…………。……だめか……。
 これで、3人……。何で……何でこんなことに……! 先輩、チェン先輩、おれ、怖いっすよ。どうしたらいいんすか? 外には出るなって命令だけど……緊急時にはどうしたらいいんすか!? 小隊長もティエン先輩もどこか行っちゃったし……チェン先輩、答えてくださいよ…… おれ、もう、わかりません……
 小隊長……ティエン先輩……どこですか? どこ行っちゃったんすか?
 はぁ……重い……身体が重い……苦しいよ……
 あいつだ……あいつが来たからだ。クソッ……痒い……畜生、痒い!
 最初は湿疹だったのに。いつの間にか広がって……ただれて……ぁあ痒い! 皮膚もぐずぐずで肉が見えてるのに……何でこんなに痒いんだ!? おれ……どうなっちまうんだ……怖いよ……
 小隊長! ティエン先輩! ……ぅぅ……もぅ……イヤだ……
 ……。……!!
 う、でが……腕の、肉が……お、お、落ち……うわああああああ! 何だよ、何だよこれ!? 何で、肉、なくなったのに……骨見えてんのに、何で痛くないんだよ何でまだ痒いんだよ!? ぅぅぁぁあああ! 助けてくれ! 誰か、誰か助けて!!
 小隊長ぉ────! 小隊長ぉぉぉぉぉ! もうイヤだ、もうイヤだ! おれ、おれ、ぁぁあああ! いやだぁぁぁぁ!
 ……!
 今、音……した。
 小隊長っ小隊長! いるんすか!? 返事してくださいよ!
 小隊長……さっき、チェン先輩が死にました。これで3人です。小隊……半分になっちゃいました。これから、どうなるんすか、小隊長……。
 ……。ここ、から……?
 ……小隊長? ここに、いるんすか?
 ……音が、止んだ……
 開けますよ……?
 ……。小隊長! 無事だったんすね! よかった、おれ、もうどうしたらいいか……! 早くここ、出ましょう! もう、命令も何もないっすよね!? 小隊長!
 ……小隊長?
 ……! ティエン先輩! せんぱ……ぅ、ぅわっな、なんすか、これ! ハラワタが、喰われて……! ぅぐっ……ひどい……一体、誰が……
 ……誰が?
 いや……でも……、いや、傷口が……っこれは、獣じゃない。もっと、鈍い……
 し、小隊長……これ…………小隊長? 
 ……。
 …………小隊長、どうして、そんなに、口が、……紅

<<Back  List  Next>>


本を閉じる